第30類  商標登録第5466971号
第43類  商標登録第5457259号
簡単に歴史をひも解くと「でんぷんうどん」古くから留寿都で食べられていた家庭料理を言います。そもそも麺類は、ラーメンやうどんに代表される様に、小麦粉で作られのが一般的ですが現在では、でんぷんを使用したうどんは後志地方を中心に広がりつつあります。

trail-map
ことの始まりは、「じゃがいもでうどんが出来るなら、ラーメンだって出来るはず」。ならば、作ってみようじゃないかと鶴の一声。発想はわりと軽いのりでした。あとは研究を重ねて商品化を目指す。と、ここまでは良かったのですが、いざ試作の段階で思うような麺が出来ず失敗の連続でした。問題はじゃがいもとでんぷんと水の配合にありました。一般の麺は、練り上げる工程で「かん水」が使われています。「かん水」はアルカリ性分が多く含まれ、その為、ごく少数ですが胃の弱い人がラーメンを食べると、胃がもたれたり下痢をする人がいるそうです。したがって、じゃがラーメンは「かん水」の量を極力抑え体に優しいヘルシーな麺作りを心がけました。加えて麺に合ったスープ作りにも思考錯誤を繰り返した結果、やっと商品化にこぎつけました。2011年「じゃがラーメン」の商標登録ができました。
ramen